短期間で痩せられる人気のマスタークレンズダイエットについて

マスタークレンズダイエット

話題のマスタークレンズダイエット

毎回20%OFFの定期購入はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.newyokers-life.jp/mcd/se/

 

いつの時代もダイエット法には次々と誕生し流行がありますが、ここ最近注目度が高まっているのがマスタークレンズダイエットです。
マスタークレンズダイエットという言葉を聞くようになりました。
どのようなダイエット方法なのかをチェックしてみましょう。

 

いま話題のマスタークレンズダイエットとは?

マスタークレンズダイエット

海外セレブも夢中になっていると言われるマスタークレンズダイエットは、別名をレモネードダイエットと言います。

 

マスタークレンズダイエットと言われるとイマイチよくわからない人も、レモネードダイエットという別名を知れば、なんとなくどんなダイエットかが想像できると思います。

 

その名の通りレモネードを飲んでダイエットする方法です。

 

ダイエットにもいろいろな種類がありますが、カテゴリー分けするなら、ファスティングダイエットに該当します。

 

ファスティングダイエットというのは、断食の事ですが、修行僧が行うような長期間の一切飲まず食わずという厳しいものではありません。

 

10日間一切食事はせず、レモネードだけで過ごすのが、マスタークレンズダイエットです。

 

メニューへ戻る

海外セレブも実践した話題のダイエットを自宅で試す方法

マスタークレンズダイエット

マスタークレンズダイエットは、レモネードだけで10日間過ごします。

 

レモネードなら簡単に作れると思えますが、実際にやってみると意外と大変です。

 

こういう時はマスタークレンズダイエット専用のレモネードを通販で購入するのもおすすめです。

 

レモネードを作る時ははちみつを使いますが、マスタークレンズダイエットではメープルシロップを使います。

 

さらにダイエットを高めるために、脂肪の燃焼率を高めるカイエンペッパーや、ハーブを配合しているから、水に混ぜるだけで簡単にレモネードが作れます。

 

毎日大量にレモンを買いに行くよりも手軽で経済的です。初めての人も無理なく試せる3日分だから安心です。

 

まずは3日分のマスタークレンズダイエット専用のレモネードでチャレンジ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.newyokers-life.jp/mcd/se/

 

メニューへ戻る

マスタークレンズダイエットを行う前の注意点はある?

マスタークレンズダイエット

世界中で話題になっているマスタークレンズダイエットにもデメリットはあります。

 

口コミなどで多いのが、リバウンドしてしまう事です。

 

今までファスティングダイエットをした経験がない人が、いきなり10日間レモネードだけで過ごすというのは少し無理があるかもしれません。

 

また10日間固形物を摂取しないため、復食にも注意が必要です。

 

デメリットはありますが、それをカバーする事は十分可能です。

 

まずファスティングダイエットの経験がない人は、いきなり10日間ではハードルが高いので、まずは3日間からトライしてみましょう。

 

 

リバウンドの原因で多いのは、復食の失敗です。

 

10日間何も固形物を食べていないのに、いきなりステーキやパスタなどを食べてしまうと胃に負担をかけます。

 

マスタークレンズダイエット終了後は、いきなり固形物は食べずに、おも湯や具なしの野菜スープなどから始めてください。

 

おも湯から少し形が残るお粥、トロトロに煮込んだ野菜スープというように、消化が良いものから胃を慣らして行き、4日目くらいから消化が良い普通の食事に切り替えていきます。

 

メニューへ戻る

3日間のマスタークレンズダイエットでどれくらい減量できるか

マスタークレンズダイエットが10日間かけて行います。
しかし初めての人は10日間という長丁場に挑戦するよりも、とりあえず3日間から始めるのがおすすめです。

3日間で痩せられる理由

 

マスタークレンズダイエット

マスタークレンズダイエットは専用のレモネードを購入すれば、500mlの水に混ぜて飲むだけで、ビタミン11種、ミネラル9種、ハーブ7種が簡単に補えます。

 

これならダイエット中も栄養不足になる事がありません。

 

専用のマスタークレンズダイエットは3日分がセットになっているから、とりあえず試してみたい人も気軽にトライできます。

 

マスタークレンズダイエットが短期間で痩せられると評判なのは、期間中レモネード以外口にしない事と、毎朝行う水の一気飲みの腸内洗浄をするからです。

 

ファスティングダイエットは固形物を摂取いないダイエット法ですが、ここに腸内洗浄を取り入れるから3日間でも十分効果を実感できるのです。

 

たった3日のド短期ダイエット!!公式サイトはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.newyokers-life.jp/mcd/se/

 

実際に3日間でどれだけ痩せるの?

 

マスタークレンズダイエット

マスタークレンズダイエットは短期間で痩せられるところが魅力ですが、実際にはどのくらい体重が減るのでしょうか?

 

これは個人差もありますが、実践した人の多くが平均で3kg前後体重ダウンに成功しています。

 

もちろん個人差はありますから、同じ3日間で2.8kg減の人もいれば、3日間で4.5kg減という人もいます。

 

ただしマスタークレンズダイエットはかなり空腹感があります。

 

辛いのは最初の3日間ですから、人によっては空腹感に耐えられずに挫折してしまう人もいます。

 

最初の3日間を乗り切る事ができれば、空腹感も徐々に辛くなくなっていきます。

 

最初の3日間がポイントとなりますが、マスタークレンズダイエットは3日間から試せますから、とりあえずトライしてみましょう。

 

続けられそうならその後7日間続ければ、さらに体重減も望めます。ビヨンセさんは、10日間で9kg減に成功していますから、続ける事でメリットはあります。

 

最初は3日間、次は6日間というように、徐々にハードルを上げていくのもいいかもしれません。

 

メニューへ戻る

知っておきたいマスタークレンズダイエットの注目すべき点3つ

短期間で痩せられるというのが、マスタークレンズダイエットの最大のメリットです。

 

一般的なマスタークレンズダイエットのやり方を簡単に説明すると、10日間食事は摂らず、レモネードだけで過ごします。毎朝レモネードを飲む前に、1リットルの塩水を飲んで腸内洗浄をします。
水1リットルに対し天然塩を5mlの割合で作り、一気に飲む事で腸を刺激するのです。
ただし少し前に流行った酵素ドリンクダイエットよりも期間が少し長だから、いきなり10日間続ける自信がない人は、とりあえず3日間から始めてもOKです。

 

マスタークレンズダイエット

ファスティングダイエットでも短期間で痩せられますが、マスタークレンズダイエットはさらに腸内洗浄を取り入れるため、デトックス効果が高いのもメリットです。

 

マスタークレンズダイエットを一躍有名にした、ビヨンセさんは急遽ダイエットをする必要に迫られ、マスタークレンズダイエットにより10日間で9kgの体重ダウンに成功しています。

 

 

そんな短期間でも痩せれるダイエット方法ですが、成功させるためには注意しておきたいポイントがあります。

 

準備日をきっちり作ろう

マスタークレンズダイエット行う前にしっかりと準備する日を作りましょう。
急激な変化は身体を痛めてしまう為、始める前日は夜8時までに食事を終えるようにし、徐々に食事の量も減らしておくようにしましょう。
また、炭水化物中心のメニューから高タンパク&低カロリーのメニューにも切り替えておきましょう。

 

代謝を下げない工夫をする

ダイエット中は代謝を下げないように意識しましょう。
レモネードを飲む際も冷たい水ではなく温かいお水やお湯で飲むなどするようにしましょう。
ただし、代謝を上げるために高温での長めの入浴などは避けるようにしましょう。

 

終了後はすぐに固形物を食べない

マスタークレンズダイエット後は身体を徐々に慣れさせるために、液体から初めて徐々に個体物を食べるようにしましょう。
終了後は、野菜ジュース、スープ、お粥など胃に負担がかからない食事をお勧めします。

↓ ↓ ↓ 購入はクリック ↓ ↓ ↓

 

マスタークレンズダイエット

 

メニューへ戻る

マスタークレンズダイエットを始めて成功できる?ネットの口コミ情報

マスタークレンズダイエットは短期間で痩せられると評判のダイエット方法です。
でも本当にレモネードだけで痩せる事が出来るのでしょうか?
ネットの口コミをチェックしてみましょう。

 

空腹感について

正式には、10日間レモネード以外は口にせず、毎朝1.5リットルの塩水を飲み、腸内洗浄をするのがマスタークレンズダイエットです。

 

マスタークレンズダイエット

ダイエット期間中はレモネードだけですが、固形物は一切口にせず液体だけで過ごすのでかなり空腹感があります。
これは皆が感じる事ですが、我慢できない時は炭酸水を飲んでもOKです。
炭酸の発泡が多少空腹感を紛らわせてくれますが、実際には一時しのぎにしかなりません。
これについては成功させたいなら、とにかく我慢するしかありません。
専用のレモネードを使えば、必要な栄養素は補えますから体が栄養不足で参ってしまう事はありません。
口コミでも多くの人が、最初の3日間はかなり辛い思いをしたと言っています。
しかし必要な栄養は補えるため、徐々に体も順応し始め、3日目以降はお腹がすいてもそれほど苦にならなくなります。
むしろ頭が冴えて、デトックス効果で体が軽くなったと感じるようになります。

 

体重は減るのかについて

 

マスタークレンズダイエット

液体だけで過ごすので食事から取摂るカロリーはありません。
最低限のビタミン、ミネラル、ハーブが、体脂肪をエネルギーにして体を維持するため、脂肪燃焼率が高まり体重が減る、これがマスタークレンズダイエットの仕組みです。
毎朝の塩水で腸内洗浄をする事により、体の中の老廃物を排出しやすくなり、これにより体の巡りが整うのも、脂肪を燃やしやすくするコツです。
もちろんダイエット開始前には、炭水化物を減らし、高タンパクと低カロリーの食事に体を慣らしておく事も必要です。
半ば強制的に脂肪を燃やしやすい体を作るのがポイントです。
正しく行えば3日間でも3キロ前後体重減を可能にしてくれます。
リバウンドを防ぐためには、ダイエット終了後の補食も消化が良く体に優しい物を選びましょう。

 

メニューへ戻る

マスタークレンズダイエット終了日の補食におすすめのメニュー

マスタークレンズダイエットは、ダイエット期間中はレモネードのみで過ごします。
ダイエット終了後は食事を再開しますが、補食には注意が必要です。

 

ダイエット終了後の補食について

 

マスタークレンズダイエットは10日間、レモネードだけで過ごすというダイエット方法です。
毎朝塩水を一気飲みして行う腸内洗浄をプラスする事で、デトックス効果がプラスされ短期間でダイエットに成功しやすいところが注目されています。
初めての場合は3日、6日と日にちを短くする事もできますが、数日間は固形物を一切摂らないため、ダイエット終了後にいきなり今までと同じ食事を食べると、胃に負担がかかります。
ダイエット終了後の補食は、消化が良く胃に負担をかけない物を選びます。
補食におすすめのメニューを紹介しましょう。

 

補食におすすめのメニュー

 

補食におすすめのメニュー

マスタークレンズダイエットは、レモネードだけで過ごすため、ダイエットが終了したからといって、いきなり普通の食事は食べられません。
数日間液体だけで過ごしていたため、少しずつ体を慣らして行く事が大切です。
ダイエット終了後の翌朝は、野菜ジュースや果物ジュースなどの液体から口にします。
お昼は具材を柔らかく煮込んだ野菜スープがおすすめです。
夜はお粥にしても大丈夫ですが、初日は水分を多めにしておきます。
ポイントは胃に負担をかけないように、消化がいい物を選ぶ事です。

 

体調と相談しながら、徐々に固形物を取り入れますが、できるだけ柔らかく消化が良い物を意識してください。
どのくらいの日数をかけて元に戻していくかは、ダイエットにかけた期間と同じくらいが目安です。
焦らずゆっくりと体を慣らしていけば、体内器官も少しずつ正常化していきます。

 

もう一つのポイントとしては、塩分を控えめにする事です。

 

マスタークレンズダイエットはダイエットを始める前の準備として、高タンパクで低カロリーのメニューを食べ、その後レモネードで過ごす期間があり、仕上げに捕食をして一つのコースが完了します。

 

メニューへ戻る

■成分
メープルシロップ粉末、ブドウ糖、レモン果汁末(デキストリン、レモン果汁)、デキストリン、唐辛子末、植物発酵抽出物{デキストリン、果実・野菜(オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、人参、キウイフルーツ他)、穀物(玄米、インゲンまめ他)、野草エキス(パフィア、ローズマリー他)、糖類、海藻類}、植物発酵エキス末(コーンスターチ、デキストリン、植物発酵エキス)、ショウガ末、濃縮野菜ジュース粉末、フルーツ・野菜エキス末、キャンドルブッシュ末、コロハ種子抽出エキス末、シナモン抽出物、アーティーチョーク葉エキス末、カミツレエキス末、フェンネル粉末、オレガノ抽出物/クエン酸、ビタミンC、香料、甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)、ナイアシン、抽出ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンB2、植物レシチン、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12(原材料の一部に乳、小麦、オレンジ、キウイフルーツ、大豆、やまいも、りんご、バナナ、ゴマ、カシューナッツを含む)

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■関連サイト集